2022/05/31

写真をもとに、オリジナル缶バッジを作成!仕上がりを綺麗にするには?

好きなアイドルの写真や、思い出の写真を缶バッジにしてみたい。手作りで作ってみたいけど、どうやって作ればいいのかわからない方も多いでしょう。現代では、100均で「缶バッジ作成キット」などが売られており、誰でも簡単に作れるようになりました。

それでも、手作りの際には注意するべき点もあります。

この記事では、手作りで写真から缶バッジを作成する方法、その際に注意することで綺麗な仕上がりになるポイントを紹介しています。また、ノベルティとして缶バッジが欲しい方に向けても、写真をもとに質の高い缶バッジを作成する際に知っておくべきことなども紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

手作りで写真から缶バッジを作る方法

缶バッジを写真で手作りする方法を紹介します。様々な方法で作成することはできますが、今回は100均で売っている「缶バッジ作成キット」を使った作り方を紹介します。簡単に作成できますので、費用を安く抑えたい方におすすめです。

 

写真を使って缶バッジを自作する際には、下記のものを用意します。

 

 

くるみボタンには「制作キット付」と「補充用」という2点ありますが、初めて利用する方は「制作キット付」を購入するようにしてください。

上記のものを用意できたらまず、写真をボタンに合わせて丸く切り取ります。くるみボタンキットには型紙がついていて、その大きさに合わせてカットするだけなので、難しくありません。ここで、完成品をより見栄え良いものにするためのポイントがあります。

実は写真は、印刷されている面の他に、何枚もの紙が重なってできているのですが、その紙を裏面かた剥がしていくことで、写真の厚みが薄くなり、作りやすくなります。さらに完成したときに、見栄えもよくなりますのでここで少し手間をかけてみてもいいかもしれません。

 

写真の紙を剥がし終えたら、薄くなった写真の裏面にボンドを薄く塗り、そこにくるみボタンのパーツAを置き、余った部分を折り込んでいきます。その際、少しずず引っ張りながら折り込んでいくことがポイントです。引っ張らないと写真にシワができてしまいます。不恰好な仕上がりになってしまうので要注意です。

 

余った部分を全て綺麗に折り込んだら、くるみボタンの打ち具台に丸く切ったビニールを乗せ、その上に写真を貼り付けたパーツAを置きます。軽く押し込み、この際にビニールも一緒に内側に折り込んでいきます。ビニール、パーツAが入ったら、打ち具台の裏側にパーツBを乗せます。ここで一点注意するべきポイントは、パーツBを置く向きです。パーツBの真ん中部分に、安全ピンを通すための突起部分があるのですが、この突起部分が写真に対して縦になるように置きましょう。変な方向のまま完成してしまうと、いざどこかに缶バッジをつけようとしても、写真と安全ピンの向きがバラバラで、使うにも使えなくなってしまいます。

 

安全ピンが通る突起部分が縦向きになっているのを確認したら、あとは打ち具を乗せて、ぐっと押し込むだけです。しっかりと押し込むようにしましょう。押し込めたら打ち具台から打ち具を取り外し、安全ピンを通せば完成です。安全ピンを通すだけでは不安定ですので、アルミテープやマスキングテープなどで固定するのもいいでしょう。

 

今回はダイソーの「くるみボタン」での作り方を紹介しましたが、他にも写真を使って手作りで缶バッジを作成する方法はあります。自分に合った作り方を見つけ出すヒントにしてみてください。

手作りで写真から缶バッジを作る際の注意点

写真から缶バッジを手作りする方法を紹介しましたが、上記でも少し触れたように「シワになりやすい」など、いくつか注意するべきポイントがあります。今回は「まず一回勝負で失敗ができない」「まきしろが必要」「シワになりやすい」「写真表面は傷つきやすく傷が目立つ」の4つ紹介しますので、参考にして、綺麗に仕上げるヒントにしてください。

まず一回勝負で失敗ができない

手作りで缶バッジを作ると、失敗が許されません。一度失敗すると、また初めからやり直さなけれないけないので、余計に手間、時間、費用がかかってしまいます。いくら気をつけていても、失敗するときは失敗してしまうので、ノベルティとして缶バッジ作成を考えているなど、失敗できない方は業者に依頼するのが賢明です。

まきしろが必要

手作りで缶バッジ作成をするには、まきしろへの注意が必要になります。まきしろとは、缶バッジの側面に回り込む部分のことです。まきしろを意識せずに作ってしまうと、正面に表示するつもりの写真が側面、または背面に現れてしまうといったことも起こってしまいます。制作上のミスを減らすためにも、手作りの際はテンプレートを使うのがおすすめです。

 

また、わざと側面にコピーライトやライセンス表記などを入れることもできます。手作りで綺麗に入れるには少し難しいので、側面を活用したい方は業者に依頼するのがいいでしょう。

シワになりやすい

手作り缶バッジを作ろうとすると、シワになりやすいです。どれだけ注意を払って慎重に作成していても、ちょっとしたズレなどですぐにできてしまいます。これは伸縮性のない素材で作成しているため仕方ありません。業者に依頼するほどでもないけど、それでもシワのない缶バッジを作りたい方は「のびるラベル」を使用するといいでしょう。のびるラベルは伸縮性の高い印刷用紙です。写真やイラストを貼る際に伸ばしながら貼っていくことで、シワができる可能性を低くすることができます。

写真表面は傷つきやすく傷が目立つ

手作りで写真をもとに缶バッジを作成すると、保護などが十分にされず、写真に傷がつきやすくなってしまいます。さらに、傷が目立つため修理したくても、缶バッジについた傷は修復できません。そのため、せっかく頑張って作っても保護がしっかりできていなければ台無しになってしまうのです。

業者で写真から缶バッジを作るメリット

缶バッジ作成を業者に依頼することのメリットはいくつかあります。その中でも大きなメリットのうちの一つが、比較的安価で作成できる点です。業者に頼むとなると、費用が大きくなってしまう、と考える方が多いですが、実は業者によっては、缶バッジ1個あたり70円〜90円で作成できます。手作りで作成する際には、「缶バッジ作成キット」を買うなど、100均で揃えたとしても100円以上かかりますので、業者に依頼する方が安く作成できることもあるのです。さらに作る数が増えれば増えるほど、1個あたりの価格が安くなる場合がほとんどですので、大量に作成したい方は、業者に依頼するのが賢明でしょう。

また、「質の高い写真缶バッジが作成できる」点も大きなメリットです。やはり手作りでは実現できないようなクオリティーの缶バッジを作ることができます。業者によっては、バッジの形、デザインなど、細かく自分の理想にあったオーダーをすることも可能です。

ノベルティとしての缶バッジを作りたい方や、私用だけどお店に売っているような質の高いものを作りたい方は業者に依頼するのがいいでしょう。

写真をもとに質の高い缶バッジを作るには?

写真から質の高い缶バッジを作るためには、「RGB」と「CMYK」の印刷時の違いについて把握しておくことが大切です。RGBとは、主に液晶などの映像表示などのための規格のことで、光の三原色である赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)の頭文字からきています。CMYKは印刷物や缶バッジで使用される方法で、シアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)と、キープレート(Key plate)の頭文字を取った造語です。

キープレートとは、「基準となる版」のことで、印刷時に輪郭や細部を綺麗に表現するためにCMYとは別に作られた版のことを指します。CMYは理論上、均一に混ぜることで黒を表現できるのですが、実際にはインクや紙の特性上、綺麗な黒を作るのは困難です。そこで黒インク(キープレート)を用いて、黒色の発色をよくしています。

オリジナル缶バッジを作成する際には、CMYKでデータを作成するのがおすすめです。というのも、RGBのカラーモードで描画した場合、蛍光色などの表現もできるのですが、缶バッジを作成する際のインクは、印刷結果として蛍光色を表すことができません。そのため

RGBで作成してしまうと、想像していたものと違うものが完成してしまう可能性があるのです。印刷後を想定してデータはあらかじめCMYKで作成しておくのがいいでしょう。

バッチリ缶バッジでは、印刷後を想定してCMYKのカラーモードでデザインをしている他、プリンターは今時めずらしい9600dpiの高解像度のものを使用しており、精細な印刷が可能です。さらにインクジェットプリントフルカラー印刷が得意で、色数による価格の上限がありません。インクは暖色系に強い性質のインクを使っているので、人物の写真の表現などを綺麗に仕上げることができます。

写真画像をオリジナル缶バッジ用としてデータ作成をする際の注意点は以下の記事も参考にして下さい。

一枚の写真にひと手間加えてもっと素敵なオリジナル缶バッジ作成!

写真から缶バッジを作成する方法まとめ

写真をもとに缶バッジを作成する方法を紹介しました。手作りで作る際には、キットを用いることで簡単に作成できる一方で、シワになりやすい、まきしろが必要などへの注意して作ることが必要です。業者に依頼することで、手作りでは実現できないようなクオリティーの高い缶バッジを作成することができます。特にノベルティとして缶バッジを作成する方は、数が多ければ多いほど1個の値段は安くなるので、業者に依頼する方が費用・時間を削減しつつ、クオリティーの高いものが作れるので、依頼するのがいいでしょう。

オリジナル缶バッジデザインデータ作成方法をご確認のうえ写真画像をデザインデータとする、あるいはデザインデータ作成の依頼をすることも一つの方法です。さらにはオリジナル缶バッジ作成バリエーションをご確認のうえ作成した仕様を決めて、写真から作るオリジナル缶バッジ作成をぜひお楽しみください。