イラストレーターえぬ。さんをご紹介!

バッチリ缶バッジクリエーター紹介のコーナー、本日はイラストレーターのえぬ。(Twitter ID @candynext04 )さんを紹介します。

先日バッチリ缶バッジTwitter上で行っていたキャンペーン。

えぬ。さんがキャンペーンに投稿して下さったイラストはこちら↓

幻想的な雰囲気が特徴的ですね。このような温度を感じるイラストを描くえぬ。さんにお話をうかがってみました。

~えぬ。さんのインタビュー~

まずは簡単に自己紹介をお願いいたします。

”初めまして、『えぬ。』と申します。現在アナログとデジタルで色々な手法を取り入れたり混ぜて楽しんで描いてます。 女性の美しさの虜になって居ますので基本女性しか描けません…。”

女性を描く専門の作家さんだったのですね。でも「描けません」とまで言い切っているところに強いこだわりを感じてしまいます。ではイラストを描くようになったきっかけについてお聞かせいただけますでしょうか?

”きっかけは複数あります。元々幼少から描くのが大好きで描いていましたが多大な影響を受けたのがエミール・ガレ※1の展示を鑑賞した事、山田章博先生※2の魅力や技術等が今でも大きいです。 また、リアル世代で衝撃を受けた『少女革命ウテナ』に出逢いセンス、表現等が今の絵柄に変化をもたらしました。”

※1 シャルル・マルタン・エミール・ガレ(仏: Charles Martin Émile Gallé、1846年5月4日 – 1904年9月23日)は、アール・ヌーヴォーを代表するフランスのガラス工芸家、陶器・家具のデザイナー、アートディレクター、企業経営者。wikipediaより

※2 山田 章博(やまだ あきひろ、1957年2月10日 – )高知県高知市生まれ、京都府在住の漫画家、イラストレーター。京都精華大学漫画学部客員教授。高知県立高知西高等学校卒[1]。大阪経済大学経営学部経営学科中退。主に幻想的な内容の作品を得意とし、水墨画のような美しく繊細な絵柄が特徴。アジアを中心に海外でも人気が高い。代表作に『BEAST of EAST』、『ロードス島戦記 ファリスの聖女』、『十二国記』(イラスト)、『ラーゼフォン』(キャラクターデザイン)など。wikipediaより

わかりやすく遍歴をお話してくださいましてありがとうございました。恥ずかしながらエミール・ガレさんも山田章博さんも存じ上げていなかったのですが、調べてみてなるほど、と思いました。語彙がなくて正しいかわからないのですが、えぬ。さんのイラストから感じる欧風なテイストやその中にある少女のかわいらしさの源泉を感じられた気がします。

今回投稿いただいたイラストのポイントはどんなところでしょうか?

”元々大正浪漫な女中さんを描いててLINEスタンプ(販売中)にデフォルメバージョンを描いたイラストなのですが思いの外気に入ってしまっていて…(笑)”

そうだったのですね。大正浪漫な女中さんが元絵だったとは少し驚きでした。少し気になったのでふかぼって聞いてみました。そうしたらもう一枚元の絵を送っていただけました。

”元々がこちらの1枚が始まりです。 そこからデフォルメして応募した作品が記述の作品です。”

なるほどー。元絵があり、それに対してのデフォルメキャラクターだったのですね。こちらの女中さんは「大正浪漫な女中さんの日常」というタイトルでLINEスタンプ販売中です。ぜひチェックしてみて下さい。

大正浪漫な女中さんの日常LINEスタンプページ

 

~えぬ。さんのその他の作品~

えぬ。さんにその他の作品も提供していただきました。



どの作品も雰囲気のある素敵なイラストですね。
個人的には1枚目の女性のイラストが美しくて好きです! そしてえぬ。さんに今後の活動についてうかがってみました。

”今後はニーズに応えられるようなテーマを元に色々と挑戦していく所存です。 基本東広島のGalleryMetronome様に出展させていただいております!!”

Gallery Metronome様のTwitter

今後も精力的に活動を続けていってくれそうなえぬ。さんでした。
イラストのご依頼はTwitterのDMでも受け付けているそうです。

えぬ。さんのTwitter
twitter.com/candynext04

えぬ。さんのブログ
enu.theblog.me

えぬ。さんのグッズ販売情報

suzuri.jp/candynext04

ご興味をお持ちの方はぜひ各ページをチェックしてみて下さい。

次回の更新もお楽しみに!

バッチリ缶バッジ

いつでも自分のオリジナル缶バッジを自分で作成可能に!

オリジナル缶バッジ作成マシンの購入はコチラから