買った缶バッジがすぐ錆びる…どう保管すれば綺麗に使えるの⁉

2020.08.25 (火)

こんにちは。

イベントやお店で購入した缶バッジ、皆さんはご自宅に持ち帰ってからどうしていますか?

カバンに飾ったり、服に付けてる他は、部屋の机の引き出しなどにしまっておくことがほとんどなのではないでしょうか?

そして、時間がたって缶バッジを取り出してみたら…

写真のように缶バッジの裏が茶色く錆びてしまっていたことはありませんか!?

金属を使っている缶バッジにとって錆びは最大の敵、そして作り手である私達も大変悩まされている問題の一つです。

せっかく購入したり、ご自分で作った缶バッジが錆てしまっていた時は、悲しくて仕方ないですよね。

なぜ錆びるの?

↑汗によって錆の発生してしまった缶バッジ

そもそも、どうして缶バッジは錆びてしまうのでしょうか?

錆について調べてみたところ、金属部分に水や酸素が触れることにより腐食が起き、それが錆となるようです。
空気中に酸素や水分がある限り、金属は酸化して錆びが出来てしまうのです……。
なんという事でしょう?!酸素と水素がある限り錆との縁は切っても切れないのです。
つまりは

「錆の発生を少しでも抑えて缶バッジを保管する」

というのが課題です。

保管方法に気を付けてバッジの寿命を延ばそう!

バッジの保管において、一番気を付けなければいけないのは錆の発生の原因になる湿気・水分です。
保管場所として最適な環境は

「温度差がなく湿気が発生しにくいところ」

を用意することが大事です。
といっても、部屋の常に乾燥状態にしておくというのはなかなか難しいと思います。
なので、保管に使う箱や袋にこのような対策を行うといいでしょう。

・袋に入れ、密閉する
・乾燥剤を入れる

金属に酸素が触れることで錆びが起こるなら、出来る限り密閉状態にしてしまうしかありません。
ジップロックなどしっかり蓋の出来る袋などで、なるべく酸素が入らないようにしっかりとしまうのがよいでしょう。

これは私の体験談ですが、一つの箱の中に何もしないままの缶バッジと個別包装がされた缶バッジを入れていたところ、
個別包装がされてないバッジのみに錆ができていたことがありました。

個別包装で「密閉に近い状態」にすることで錆が起きる可能性を減らしていたのですね。

そして、更に安全度を増すため、袋や箱にはシリカゲルなど乾燥剤を入れるといいでしょう。


シリカゲルなら最近は100円ショップなどでも購入が可能です。
しかし乾燥剤は、時間がたてば効果もなくなってしまいます。なのでこまめに乾燥剤を取り変えることが大事です。

乾燥剤よりも強力なものが欲しいと思ったら防錆剤をお勧めします。

こちらは一緒に保管することにより、袋の中に気化した防錆成分が充満していたします。その気体が缶バッジを錆から守ってくれます。
値段は高いですが、乾燥剤よりも強力なのでより良い状態で長期保存をしたい場合はこちらをお勧めいたします。

そして私たちの体から出る汗なども錆の原因となります。

服やかばんなどに付けている場合は、濡らさないようにしましょう。
外す時はそのままにするのではなく、乾いた布などで軽く拭いておくとよいでしょう。

 

思い出の詰まった缶バッジを長い間大切に使いたい。

そんな時は「しまう環境」に気をつけてみてください。

錆対策を万全にしてお気に入りの缶バッジを大事に使い続けましょう。