ミニミニ美術館番外編2:hajime様の「お客様は動物達?!お家で額ぷち展覧会」

2020.07.29 (水)

クリエイターさんの作品発表の場を作りたい!という思いから始まりましたオンライン展示会「ミニミニ美術館」。

もう一つの番外編です。ミニミニ美術館にて作品をご紹介させていただいたhajimenano様から額ぷちの製作依頼を頂き、Twitterにてご紹介いただきました!

お客様は動物達!?小さなお家での展覧会

ミニミニ美術館にて作品を紹介後、別の写真で額ぷちを製作したいとご連絡をいただき、あわせての点の額ぷちを製作させていただきました。

納品後、hajime様は額ぷちをご自身がお持ちのシルバニアファミリーのお家に飾り、ご自宅にてミニミニ個展を開催、その様子をTwitterに投稿されました。

 

Twitterのお写真を見ると、シルバニアの動物たちが家の中に飾られた額ぷちを眺めています。
その様子はまさに私たち人間がギャラリーで作品を鑑賞している姿そのものです。

 

今回、シルバニアの家での個展の様子をTwitterに投稿したのか?理由を伺ってみました

「緊急事態宣言でギャラリーが使えなくなり、個展が中止になって途方に暮れていたところ、額ぷちに出会いました。
額ぷちを見た瞬間に、シルバニアを使えば個展の様な雰囲気が作れると思い、直ぐに注文しました。
実際にやってみたところ、予想以上のぴったり感に感動しました。」

 

ミニミニ美術館の企画を始めたのは、緊急事態宣言が発令されて間もなくの頃でした。

一切のイベントが中止になってしまったこの期間、hajime様もご自身の個展を中止せざるを得なくなってしまったのですね。

長い期間をかけて準備した個展を中止せざるを得なくなってしまったというのは非常に悲しく、つらいことだったと思います。

そんなときに偶然ミニミニ美術館の企画を見つけ、このような形で個展を開催し、楽しんで頂けたのはこちら側としてもとてもありがたいです!

現在は緊急事態宣言は解けたものの、東京では油断の出来ない状況が続いております。シルバニアのお家だけではなく再びギャラリーで個展が開催できるといいですね!

 

作品について

こちらで展示されている花や風景、何気なくある日風景を映した写真達の額ぷちは、ミニミニ美術館の後製作依頼を頂き製作させて頂いたものです。
ミニミニ美術館の作品と同様、背景や花などを被写体にした落ち着きのある写真が並んでいます。
どの作品も小さいながらhajime様の落ち着いた作風が現れています。

今回のおうち個展の作品について伺ってみたところ、このようなコメントをいただきました。
「個展で展示予定だった写真の中から、額ぷちに向いてそうな写真で10種類作っていただきました。
テーマは少し心がほっとする瞬間です。 フィルム写真特有の柔らかさが感じられるものを選びました。」

額ぷちにしたのは個展で展示予定だった作品の数々。
優しい色合いの花や日に当たる猫など……どれも落ち着いた雰囲気のホッとできる作品ばかりです。

 

作者プロフィール

hajime様はフィルムカメラで写真を撮るほか、豆本などを作ったりと意欲的に活動されております。
作品はTwitter、インスタグラムで見ることか可能です。
hajime様の、リラックスできる優しいお写真をぜひご覧くださいませ。

hajime様ありがとうございました。

 

ミニミニ美術館展示作品

Twitterアカウント

@hajime_nano

インスタグラム

instagram.com/hajime_nano