バッチリ缶バッジ解説:キーホルダー・ストラップ・栓抜き

2020.10.10 (土)

こんにちは。リアライズのバッチリ缶バッジです。
こちらでは皆様に缶バッジについて分かりやすくを心掛けながらいろいろなことを解説していきます。

今回のテーマは「キーホルダー・ストラップ・栓抜き」です。

こちらはどれも缶バッジと同じ作り方ですがパーツによって違う使い方ができるグッズです。
それぞれの使い方をご紹介していきます。

缶キーホルダー

缶バッジパーツの裏面に専用のパーツとキーホルダー用の接続パーツを付けることでキーホルダーになります。
おおきさも25~57、大小様々なサイズが用意されております。44、57㎜はバックパーツが微妙に違います。

缶ストラップ

ストラップは鞄やスマホに付けて楽しめるパーツです。サイズは小さめの25・32㎜と大きな57㎜、の3種類。
57㎜のみ仕様バックパーツが違います。

栓抜き缶バッジ

キーホルダーに見えますがこちらは栓抜きです。裏面にはピンではなく金属がついており、これをフタに引っかけて開けることが可能です。サイズは57㎜のみです。

実際に使ってみました。

という訳で実際にこの3種類を使ってみました。
まずは缶ストラップ。小さながま口ポーチに付けました。

サイズは25㎜。小さなポーチに小さな缶ストラップがゆらゆらと揺れるのがとてもかわいらしいです。

大きな57㎜缶ストラップはポーチに付けてみました。大きいですがそんなに重さはありません。
25㎜と一緒に並べるとインパクトがありますね。絵や文字もしっかり見えるので身の回りの小物もこれ一つで華やかになりますね。

 

次はキーホルダー。まずは先ほどのストラップと同じ25㎜と57㎜をトートバッグに付けてみました。
ストラップと同じく、ゆらゆら揺れる25㎜とデザインが良く見える57㎜、細かいデザインは57㎜、ワンポイントのデザインは25㎜とわけて作るといいですね。

キーホルダーという事ですしとカギに付けてみました。
鍵はうっかりすると鞄の中や部屋の中で行方不明になりやすいのでキーホルダーは欠かせないですね。右の32㎜でも十分目立ちますね。

自転車のカギに付けてみました。
実際自転車に付けてみると57㎜は大きいからよく見えますね。これならばなくす可能性も激減するのではないでしょうか。

 

最後は栓抜き。これは実際に栓抜きとして使えるの?とお思いの方もいるかもしれませんので実際に使ってみます。
ちょうど社内にオレンジジュースの瓶がありました!

栓抜きを手でしっかり包み込むように持ち、裏面についている金属部分に瓶の王冠ひっかけます。

そしてぐっと力をいれて……

開いた!!!!

思いのほかあっさりと開けることが出来て驚きです。
こちらの栓抜き、57㎜で大きいですし、瓶はあけられるしで飲食店や酒屋さんなどでなにかノベルティを考えてる方にお勧めいたします!

使い方に合わせて選ぼう

このように缶バッジとは違う使い方が出来る缶アイテムをご紹介いたしました。
ご自分のデザインで作ったグッズを身に着けるだけではなく、違う使い方をしてほしいなと思っている方ぜひともこちらの3アイテムををご利用ください!

缶ストラップ詳細ページ

缶キーホルダー 詳細ページ

栓抜き詳細ページ