2021/09/15

一枚の写真にひと手間加えてもっと素敵な缶バッジづくり

皆さんこんにちは!バッチリ缶バッジのデザイナースタッフ、後藤です!(^▽^)/

皆様いかがお過ごしでしょうか?

9月に入って、「涼しいなぁ~もう秋かぁ~」なんて思いながら長袖を出したのですが、

今度は「あれ?秋どこ行った?」となるくらいまた暑いじめじめした日が続いておりますね…。というわけで私は本日も半袖でバリバリデザインしております!

愛犬、愛猫のお写真や、窓からの景色のお写真、思い出の景色のお写真など、スマホやカメラの中にございませんか?

今日は、「イラストは描けないけど缶バッジを作ってみたい…」「パソコン持っていないし…」「専門的なデザインの知識は無いけど缶バッジを作ってみたい…」そんな方に、

「お手持ちの写真にひと手間加えてもっと素敵な缶バッジできちゃう!」そんな方法をご紹介したいと思います!

 

缶バッジのデータってどうやってつくるの?

 

皆様から頂いたイラストやお写真は、当店のデザイナーが缶バッジ用のテンプレートに入れ込み、被写体がうまく缶バッジ内に収まるよう調整させていただきます!

 

もちろん、製作の前にお客様に仕上がりのサイズ感やイメージ画像をお伝えさせていただいているので、「仕上がりがどうなっているのか不安…」といった事もありません!(^▽^)

 

四角い写真を丸型にすると余白が気になる…?

 

イラストの場合はキャラクター以外の余白は切れてしまったとしても丸形に割とすんなり収まることが多いのですが、

お写真の場合はなるべく全体を収めたいですよね。

でも四角い写真を丸形の缶バッジにすると上下左右の余白部分が目立つし気になりますよね…。

一枚の写真にひと手間加えてもっと素敵な缶バッジデザインに!

 

そんな時におすすめのデザイン方法がございます!

その中でも後藤おすすめのデザイン方法2つをご紹介させていただきますね!

 

写真に使われている色で余白を塗り足すべし!

 

お写真の上下左右の余白が白いままだと、ただ写真を張り付けただけのシンプルな缶バッジに…。このままでも十分素敵なのですが、写真に使われている色をスポイトで取って塗り足すことで、余白が気にならなくなりました!額縁が付いたみたいでおしゃれにも見えませんか?

食べ物のお写真や風景のお写真などにおすすめです!

※後藤家の愛猫、りりちゃん(15歳)です☆

 

写真を拡大しでボカすべし!

 

単色で塗り足すのもおしゃれなのですが、「写真自体の雰囲気を壊したくない…」といった方におすすめなのが、写真を拡大してぼかす加工をすることで、お写真自体の雰囲気を壊さず、余白も気にならなくなります☆

風景のお写真や人物のお写真などにおすすめです!

 

 

スクエア型の缶バッジもおすすめ!

 

実はバッチリ缶バッジでは、定番の丸型缶バッジだけでなく、四角型の缶バッジもつくれるんですよ!

形も、正方形や長方形、角丸タイプもありますのでぜひ見てみてくださいね☆

 

お好きな缶バッジをこちらから是非選んでみてくださいね☆

 

ではまた次回のブログでお会いしましょう~!(^▽^)/

後藤でした☆彡