2021/09/09

伝える缶バッジ~ワクチン接種済み缶バッジ~

みなさん、おはようございます!
肌寒くなってきておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

筆者はこの時期から咳が出てくるため、コロナ禍の今、特に人目が気になります…。同じように感じる方もおられるのではないでしょうか。
咳は簡単に止められるものではないですし、マスクやハンカチを使っていても感じる視線が中々辛いですよね…。

ということで、今回ご紹介しますのはこちら!

今注目の「ワクチン接種済み缶バッジ」!!

 

 

(写真転用元:PR TIMES

ワクチン接種済みの缶バッジ、耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。新型コロナのワクチン注射が始まり、需要が広がっていったこちらの缶バッジ。
手軽につけられて、自然と主張できるのが良い点です。

また、自作すれば缶バッジのサイズも自由に決められます!

25mm缶バッジでさりげなく身につけてもよし、44mm缶バッジで大胆に主張してもよし!

また、オリジナルのため好きなデザインで日常にちょっとした華を添えることも♪
好きなデザインかつ、文字やアイコンで伝えたい思いを表現できるのは缶バッジならではの良い点ですね。

 

「伝える」デザインで、缶バッジの可能性を

実は伝えるデザインということで、過去にこのような記事もございます。

言葉では伝えづらいことを伝える缶バッジ ~障害という視点から~

自由性が高い缶バッジだからこそできる、素晴らしいアイデアです。見た目ではわからない不自由なこと、困っていることを気負うことなく周りに伝えられます。

また、自分主体のものだけではなく、何かを応援することにも使用できますね。
缶バッジで少しずつでも世界を豊かにできると思うと、ワクワクしませんか?

この機会に是非、「今、伝えたいこと」を缶バッジで表現してみてはいかがでしょうか。

リアライズのバッチリ缶バッジ